広告映像について知識を深めましょう

広告映像とはTVではお馴染みの手法であり、番組に対するスポンサーの形で製作して企業のサービスの売り上げアップを計画して作られております。
効果は高くゴールデンタイムに製品の映像を流すと、それだけで数千万円の売り上げが上がることも珍しくありません。
近年ではWEBでも同じく映像を使う企業が増えてきており、サムネイルに映像を埋め込むネットショップが増えてきています。
画像や文章よりも購買力を上げる手法として、映像は注目されています。

テキストや画像と異なるリーチ力

テキストや画像と異なるリーチ力 現在までのWEBはSEOを重視して、キーワードの選定や文章をなるべく多く載せることが推奨されてきました。
しかしこれからはより五感に結び付いた方向に進化する予測がされており、音声や映像をWEBサイトに取り組む方法が模索されております。
特に購買サイトでは文字による説明よりも広告映像や音声の強化がトレンドであり、文章だけのページよりも売り上げが高いというデータがあるのです。
広告映像とは短い時間で製品をレビューする、コマーシャルのことになります。
TVではお馴染みの手法ですが、WEBで取り入れられてきたのは最近のことになります。
各企業は積極的に短時間の広告映像を制作し、自社のページや動画サイトにアップして収益の増加を狙って効果を出しているのです。

個人でも行える広告映像業界の実情を知っておこう

個人でも行える広告映像業界の実情を知っておこう 広告映像は、企業だけが制作しているわけではなく現代では全くの個人であっても行っています。
特に、動画投稿を行っているサイトの中には、様々な人たちが自分たちの作品やコンテンツを紹介するために映像を制作している事実があります。
実際に、広告映像の業界は年々広がっていて、その需要は拡大しています。
アプリやソフトウェアをインストールできる環境であるのならば、フリーランスであっても仕事を請け負うことができる環境だからです。
そのため、クオリティを求めて広告映像を作ろうと考えているときには、どういった業者に相談するのかを必ず考えなくてはいけません。
具体的には、プロの会社が作っているものとフリーランスが作るものでは内容が大きく違います。
近年で、特に注意をしなくてはいけないのが下請けが存在している業者かどうかです。
広告映像の業界で問題となっているのは、仕事を請け負うだけの会社が一見すると動画制作のサービスを行っているように見えてしまう点です。
実情は、下請けのフリーランスなどに任せているケースも多く、コストを天引きしている可能性もあります。
本当に良い広告映像を作りたいときには、こういった実情を理解して最善の業者に相談しましょう。

インパクト大!広告映像でマーケティングにボリュームを持たせよう!

"デジタル媒体の多様化で、WEB広告やサイネージ広告など静止画以外にも広告映像を用いることが多くなってきました。 今回はそんな映像広告のメリットや作成方法に迫ります。

●そもそも映像広告とは? 電車の電子広告や、駅のサイネージWEB広告などで映像広告をご覧になる機会はかなり増えてきていますので、ご覧になったことのある方は増えてきているのではないでしょうか? 今まで印刷物や静止画のみしか対応していなかった媒体が、より効果や訴求内容の幅を広げるために採用化が拡大しつつあります。
YouTubeなどもそうですがたしかに、映像のほうが訴求しやすいという要因がありますよね

●広告映像のメリットとは?
広告映像は静止画の映像に比べて「情報量が多く」「わかりやすく」訴求できるといったメリットがあります。
テレビCMを制作済みの場合は尺の編集等で気軽に転用できる点も便利ですし、1つの映像を幅広く活用できるメリットもありますよね。

●どうやって作成したらいいの? 静止画のデザイナーと動画クリエイターとはまた別スキルが必要ですが、人によっては映像も制作可能なデザイナーもいらっしゃいます。ご贔屓のデザイナーさんがいれば動画の制作は可能か聞いてみたり、改めて映像デザイナーを探してみるのも良いでしょう。
現状マーケティングにおいても強い存在感を放つ広告映像、皆さんもチャレンジしてはいかがでしょうか。

広告映像が拡散されると宣伝効果が爆発的に増す

ネット時代になり、宣伝においても映像の力が注目されています。いわゆる広告映像というもので、テレビで流すとしたらコマーシャルの事ですがネットでは様々な場所で見られます。
公式に広告している以外にも、ブログパーツの様にあちこちに貼られている広告もありますが、公式のものの利点として拡散の可能性があげられるでしょう。SNSに広告映像を貼って、それを見た人がいいと思えば拡散してくれます。その勢いはなかなか読めないところで、1万でも凄いですが10万もされれば相当な宣伝効果が得られるでしょう。これはテレビなら視聴率と比例するところですが、ネットにおいては使ったSNSのフォロワー数、そして映像のインパクトがその要因となるため、作る価値の非常に大きい広告となっているのです。近年では広告のゴールをテレビではなくネットに定めている企業も多く、今後映像を使った広告はさらに増えて行き、広がりを見せていくのだろうと思われます。

スマホ視聴者の広告映像のポイントや注意点について

昨今のWEB広告ではPCからの視聴よりもスマホ視聴回数が圧倒的に増えています。
広告映像ではどういった点に気をつければいいのかのポイントや注意点について今回は抑えていきます。
●PCとスマホでの広告映像って何が違うの? 大きな特徴としては画面のサイズは当然のことながら、よりユーザーの特性を絞り込むことができ、条件にあったユーザーにリーチさせることが可能になっています。

●広告映像を作成するにあたって注意する点は? 映像のサイズや長さについては「容量が軽い」「なるべく短く」「印象に残る」ことを意識しましょう。
皆さんも普段スマホでSNSやサイトを見る時に無意識に一定の速さでスクロールさせていたり、最初の数秒で視聴の有無を判断してスキップ等を行った経験があると思います。 また、重すぎて広告が表示されないといったことは現状ほぼ無いとは思いますがこちらもスムーズな広告視聴にはマストな事項です。

●観てもらえるためのクリエイティブとは? 先述の理由で、映像広告は最初の2~3秒が勝負になってきます。この間にいかにわかりやすく商材を伝え、適切な導線に導けるよう試行錯誤してみましょう。
興味をそそられない映像広告や、逆に興味をもった映像を研究することも大事なことになりますので普段から意識して実務に活かしていきましょう!

派手な広告映像で商品を宣伝し拡散してもらう

商品を宣伝するために広告映像を作る方法は効果的です。ネットでの広告になりますが、ネットというものはユーザーが見たいものを選別するため、元々ユーザーが絞り込まれているという特徴があります。
例えば楽器を売っているとして、そのメーカーのSNSを運営していたならフォロワーは楽器に興味がある人に限られるでしょう。そこで広告映像により商品を大々的に宣伝して、見た人に拡散してもらえば大きな宣伝効果を得られるのです。要因は結局その映像の素晴らしさになってくるため、その部分には注力する必要があります。デジタルの強みは一つ作ればどこへでも出せるというもので、SNSで出すだけでなくホームページにも載せたり、メールにURLを載せればそれだけで一つ一つが宣伝効果を持つのです。これから売っていきたいものがあるメーカーは、広告は画像に留めるのではなく、少しでも動きのある映像にしてしまうのが、今の時代に合う宣伝方法かもしれません。

広告映像を企画するなら制作会社に依頼しよう

ビジネスをしていると、いろいろな形式で自社のサービスなどをアピールしなければいけません。インターネットへのアクセスが一般的になったことをきっかけに、動画形式のアピールが通例になっています。
品質を問わなければ動画はスマートフォンなどで撮影できますが、ある程度の知識や経験がないと消費者の関心を引くのは困難です。質の高い広告映像を作るため、経験を持った人物を中途採用するのもひとつの選択肢になります。しかしタイミングよく人材を確保できるとは限らないため、制作会社に依頼することが基本的な戦略です。制作会社には豊富なノウハウを持つスタッフが在籍しているため、広告映像のイメージを伝えれば撮影に取り組んでくれます。大切なのは初期段階の打ち合わせで、予算や納期、映像のイメージについて合意するようにします。試作段階の映像を見せてもらうことができるため、企画に合った内容になっているか確認することが大切です。専門家の協力を得れば、質の高い広告映像を作れます。

●広告映像に関してのおすすめサイト●

大阪 広告映像